特集ポストイメージ 「丁半博打」系ダイスゲームについて知られていない5つのこと - 「丁半博打」系ダイスゲームについて知られていない5つのこと

「丁半博打」系ダイスゲームについて知られていない5つのこと

カジノとギャンブルがお好きな方であれば、ダイスゲームが数あるカジノゲームの中でも非常に重要な役割を占めていることをご存知のことと思います。カードゲームやスロットマシンと同じく、ダイスゲームも遥か昔から存在するもので、今ではギャンブル業界に不可欠なゲームの一つです。世界の様々な地域で、様々な形のゲームとしてプレイされていることからも、その重要性が分かります。

日本においては、最も人気のあるダイスゲームの一つが「丁半博打」です。プレイヤーはダイスが振られはじめると、自宅、オンライン、実際のカジノに関係なく、緊張と興奮を抑えられないといいます。これらのことを踏まえたうえで、当サイトでは、ダイスゲームについてより面白いことを付け加えたいと思います。

「丁半博打」のようなダイスゲームについて、恐らくあなたが知らなかった5つのことをお教えしましょう。

歴史

特集ポストイメージ 「丁半博打」系ダイスゲームについて知られていない5つのこと 歴史 - 「丁半博打」系ダイスゲームについて知られていない5つのこと

人類とダイスの歴史は数千年に及び、現在発見されている最古のものは現在のイラン周辺で発掘された古代メソポタミア時代のもので、当時からダイスはギャンブルに使われていたようです。歴史を辿ってみるとダイスゲームのファンは古代メソポタミア人に留まらず、ローマ人やギリシャ人も同じようにダイスゲームを愛し、今日よりも大きな額を賭けていたようです。

また、ローマ帝国の皇帝たちも特にダイスゲームを愛し、高い額を賭けてプレイしていたといわれています。このように、「丁半博打」のようなダイスゲームは、長い歴史があったことがうかがえます。

言語学的な由来

特集ポストイメージ 「丁半博打」系ダイスゲームについて知られていない5つのこと 言語学的な由来 - 「丁半博打」系ダイスゲームについて知られていない5つのこと

「ダイス」という単語の言語的な由来を辿ってみると、どうやらラテン語と古フランス語から派生しているようです。よく「ダイス」という単語を見てみると、ラテン語の「datum」と古フランス語の「de」の組み合わせであることが分かります。これらの言葉を組み合わせると、「プレイされる」「与えられる」というような意味になります。これが発展し、今日私たちが使っている「ダイス」という言葉になりました。

「賽は投げられた(Alea iacta est)」

特集ポストイメージ 「丁半博打」系ダイスゲームについて知られていない5つのこと 「賽は投げられた(Alea iacta est)」 - 「丁半博打」系ダイスゲームについて知られていない5つのこと

熱心なギャンブラーであったジュリアス・シーザーの有名な言葉に、「賽は投げられた(Alea iacta est)」という一文があります。この言葉は様々な場所で頻繁に使用され、とりわけ政治家たちによってよく引用されます。異なる文脈で広く使われる一文ですが、忠実に訳すと「賽が投げられたら実行するのみ」という意味になります。

反対側の目の合計はいつも「7」

特集ポストイメージ 「丁半博打」系ダイスゲームについて知られていない5つのこと 反対側の目の合計はいつも「7」 - 「丁半博打」系ダイスゲームについて知られていない5つのこと

筋金入りのダイスゲームプレイヤーの中にも知らない人がいる程に知名度の低いことですが、「丁半博打」で使われる六面ダイスは、よく観察してみると、興味深いことに表面に出た目の反対側の目の合計が常に7になります。面の少ないダイスも中には存在しますが、滅多に使用されることはありません。

ダイスは均一ではありません

熱心なダイスゲームプレイヤーを含むほとんどの人があまり注意して見ていないようですが、ダイスは完全に均一ではありません。私たちはどうしても裸眼でしかダイスを見ることがないので信じられないという人もいると思いますが、実際には目に見えない程度ながらダイスは不均一なものなのです。

上に述べたことは、新しくあなたのお気に入りに加わるであろうカジノゲーム「丁半博打」の世界へあなたを誘うかもしれません。また、それとは他の方法であなたに影響を与えるかもしれません。たとえそうだとしても、ゲームの世界からあなたを遠ざけることはないでしょう。